<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
口 炭火焼きみやじ豚丼 口 2007/11/25
先日、大切な人がとある農家さんから人参を頂いてきた。
直送も直送。その日に採れた新鮮そのものの人参。
そのまま食べやすい大きさに切り、サラダにして食べてみるとその味の濃さ、香りに驚いた。
いままで食べていた人参と比べると差は歴然だった。美味しい・・・、人参本来の味というモノを少し知れたと思う。
さらに驚いたのは次の日、大便をすると昨日食べた人参の香りでトイレは満たされた。

感動。

人参にここまで感動させられるなんて!
同じ食材でもこんなに違いがあるものなのか!

人参に限らず、キャベツでも玉ねぎでも。
そのおおまかな区分のさらに先には生産者や生産地といった区分がある。
それぞれには個性がある。そんな当たり前の事に今頃気づいた次第です。


ある日、豚肉のサイトをいろいろと探していて、偶然見つけたサイト。

みやじ豚.com
人参の件があってから、食材を選ぶ際に”誰がどんな風に作ったモノなのか”といった今までにはなかった気持ちが働くようになっていた。
みやじ豚という銘柄はまったく聞いたことがなかったけど、サイトを見ていると生産者の方が豚を丁寧に育てている気がして、「この人が育てた豚達の味はどんなだろう?」と興味を持って購入を決定。

数日後、豚肉が届いた。
e0054798_2157721.jpg

注文したのは バラブロック1kg
e0054798_21575859.jpg

調理にとりかかる前に写真に収めようと肉を眺めると、スーパーで買ったものとは色が違う事に気づいた。スーパーでよく買う豚肉に比べて赤身の部分はピンクで、脂身は色味がまったく無い白だった。そんなみやじ豚を美味しく食べる方法はなんだろう・・・無い頭をひねって考えた結果・・・

”塩” と ”炭火” というキーワードが浮かんだ。

家には塩はあっても炭がなかった。急いでスーパーに行き3kgで398円のキャンプ用の炭を購入。本当は備長炭とか準備したかったけど、間に合わず・・・。
豚の味を楽しむ為に”塩を振っただけ”の味付けと、個人的に食べたかった”豚丼”を作る事にした。

みやじ豚のバラ肉を5mm程の厚さに切りわけておく。
次にガスコンロで網の上に置いた炭に火をつける作業。ぱちぱちと爆跳(ばくちょう)する炭に注意をはらいながら気長に待つ。炭に火がついたら、炭をフライパンにうつし手持ちの魚焼き用の網にみやじ豚をのせて焼く。
途中溶けた脂が炭に落ちると、香ばしい匂いが立つ。じゅるる・・・。
表面がパリッと焼けたら完成。塩をふり、もう一方はタレにくぐらせ再び網の上で炙る。
e0054798_22153520.jpg

こちら 炭火焼きみやじ豚丼。
食べる前から、見ても美味しくて、匂っても美味しくて。口に運んだらそれはもう・・・!

パリッ・・・!じゅわ~・・・。

まず炭の薫煙によるタレの香ばしさがくる、そして脂身が美味しい!口のなかでとろける。初めて食べる代物だった。ごはんがすすむ、すすみ過ぎる。

塩焼きの方は、シンプルな味付けゆえ豚肉の味を存分に味わう事ができた。やわらかくジューシーで優しい味。脂身はほのかに甘く旨味がある。


みやじ豚・・・おいしい!
---  ---  ---  ---  ---
株式会社みやじ豚

〒252-0824
神奈川県藤沢市打戻539

ホームページ
http://www.miyajibuta.com/
---  ---  ---  ---  ---
[PR]
by satoimo1981 | 2007-11-25 22:45 | 今の記録
口 洗濯モノ、つまむ 口 2007/11/24
世間では三連休、こちら横浜市の天気は快晴。
e0054798_11115859.jpg


e0054798_11121865.jpg

ここまで晴れて頂けると、洗濯モノをつまむ彼らが活気に満ちている姿が思い浮かぶ。

さぁ、今日も沢山つまんでもらおう。
[PR]
by satoimo1981 | 2007-11-24 11:15 | 今の記録
口 夏の話、秋の贈り物 口 2007/11/18
今年2007年、夏。名古屋に帰省した時に再び訪れた場所がある。

オリジナル家具 Hutte furniture 

レンタカーに四人を詰め込んで、名古屋から岐阜へのほんの少しのドライブ。
地図を持たないドライブもカーナビゲーションシステムとやらのお陰で、ほとんど迷う事なく着く事ができた。
建物に入ると、最初に入った時同様スーッと木の空間が広がる。・・・良い。
e0054798_2114831.jpg

好きな席にすわると、カフェのjunkoさんがささっと窓辺のろうそくに火を灯してくれた。
e0054798_214227.jpg


e0054798_217213.jpg
真っ白なエプロンで注文をとってくれるjunkoさん。
自分は前回同様”焼きラテ”を注文、皆が注文したのは・・・ん、忘れてしまった。
e0054798_2195642.jpg

注文したパリパリの焼きラテがやってきた。
おや、前回と器が違う・・・!見た目は布がまかれているような・・・手に取ると何とも不思議な感触。
ざらざらと手に馴染み、しっくりと重い。今考えても不思議な器。
e0054798_2115543.jpg

焼きラテに添えられている、豆菓子とさつまいもチップ。可愛いと思う。
焼かれたキャラメルをスプーンでパリパリと楽しく崩し溶かしていく・・・自分はこの時間が好き。パリパリパリパリ・・・器の端っこまでキャラメルを丁寧にパリパリ・・・

e0054798_2121792.jpg

ゆるりと流れる時間。全てのモノに平等なはずなのにここの空間だけ、それはゆっくりと流れている気がする。
e0054798_21222727.jpg

隅っこでフリフリ首を振って頑張ってくれている扇風機。
e0054798_21231232.jpg

あまりにも頑張ってフリフリしているので近づいてみてみると・・・やっぱりね。
扇風機が一番頑張る”3”になっていた。
e0054798_2127064.jpg

広い空間をうろうろしていると、気になるモノを発見。
e0054798_21274383.jpg

”自家製すもも 30円”
あまりにも素敵でキュートな値札に目を奪われる。もちろん質問せずにはいられなかった。
話を聞くとjunkoさんのおばあちゃまが育てたスモモらしい。
自分はスモモを拝見したのはこの時が初めてだったと思う。その可愛さに惹かれパシャパシャと何枚か写真を撮らせていただいた。
e0054798_21341517.jpg

二回目のHutte furniture。優しい空間で優しい味を摂り込んで。
また行きたいと切に想う。



そして2007年、秋。
Hutte furnitureのおばあちゃまから届いたものがある。
e0054798_21385445.jpg
e0054798_21394980.jpg

e0054798_21401796.jpg

ゴツゴツでゴロッとした何ともたくましい柿。マッチョな柿。
突然の贈り物に嬉しくて電話をすると、おばあちゃまは今だに木にヒョイヒョイ登って柿をとるという話を聞いた・・・。すごい・・・。そんな元気いっぱいなおばあちゃまが育てた柿、その見た目同様、たくましく歯ごたえがあり、そして優しく甘い。大切に美味しく食べよう。

---  ---  ---  ---  ---
オリジナル家具 Hutte furniture 

〒505-0042 
岐阜県 美濃加茂市 太田本町 1-7-2

TEL / FAX  0574-27-1762

ホームページ
http://www.hutte-furniture.jp
---  ---  ---  ---  ---
[PR]
by satoimo1981 | 2007-11-18 21:54 | 今の記録
口 鍋と鉢 口 2007/11/16
遂に購入。鋳鉄鍋。

チキンカレーに入っている手羽元のお肉をトロンと箸で崩せるくらいに・・・!
煮物のジャガイモがホックホクに・・・!
・・・そんな想いを抱きながら購入した鋳鉄鍋。
e0054798_22455884.jpg

ストウブ社   ピコ・ココット・ラウンド

やたら重い鋳鉄鍋。無水調理とか燻製とかもできるらしい。
これからいろいろとお世話になる鍋。大切に使おう。

そして、もう一つほしかったもの。乳鉢。画材の通販サイトにて購入。
e0054798_22525818.jpg

ホールのブラックペッパーを買ったはいいものの、今まではそれを砕くのに大きなすり鉢を使用していた。これでやっと手軽に砕く事ができる。
なんといっても自分の好きな大きさにスパイスを砕けるのが素敵!
いろんなスパイスを試したくなる・・・。じゅるる。
e0054798_225713.jpg

[PR]
by satoimo1981 | 2007-11-16 22:57 | 今の記録