- 懐かしい味 その2 - 2006年  12月 10日 (日)
大学の時、長い休みを利用して行ったカンボジア。

毎日、屋台でご飯を食べていた。観光客向けに店を構えている所を避け、
現地の人と肩を並べて食事ができる場所をあえて選んで足を運んでいた。

チャーハンが好きでいろんな屋台で食べていたけど、決まってスープが付いてくる。
そのスープ、初めて口に運んだときはその風味に驚いて眉間にしわが寄ったが、飲めば飲むほどあとをひく味でいつしか「美味しい」と感じるようになった。

日本に帰ってきて、そのスープは味わえないんだろうなと思っていた。
最近、仕事でロケに出かけたときにお昼で入ったタイ料理のお店で、カンボジアの屋台で味わったスープの風味に似た味に出会った。口に運んで「これだ!」と思って、すぐさまキッチンの方に材料を聞いた。
片言の日本語で「ニンニクヲ油デ揚ゲテアルダケヨ」そう言った。
e0054798_19381598.jpg

家に帰って、早速にんにくをみじん切りにして揚げてみた。
そして、簡単に鶏がらスープの素とニラでスープを作って、揚げたにんにくを落としてみる。

期待を膨らませて口に運ぶ・・・。

・・・ん~、何か違う。
揚げが足りない?もう少し焦がしたほうがいいのか・・・。
とにかく材料がにんにくって事がわかっただけでもすごい進展。


目指せ!カンボジアの屋台で味わった懐かしい味!!
[PR]
by satoimo1981 | 2006-12-10 19:57 | 今の記録
<< - ネットオークション失敗 -... - 懐かしい味 - 2006年... >>